Bracketsの拡張機能「Brackets Git」を入れました(使い方はこれから)

BracketsでGitを使えるようになる拡張機能「Brackets Git」を入れました。

 

「使えないと不便だよな」という感じで「使い方はよくわからない」ママにとりあえず入れた感じです。

 

「よし!使う!」となったらアルゴリズム雑記さんの『【Brackets】Gitプラグインの使い方』を参考に使う予定。
(だってまだ、Gitにアップするようなものを何も作っていないんですもの)

 

「Brackets Git」の入れ方までを復習がてらまとめました。
(拡張機能の入れ方で戸惑う、超初心者…)

 

Brackets Gitのダウンロードは、GitHubからできます。「https://github.com/brackets-userland/brackets-git

 

 

拡張機能の追加はURL直接入力でもできるので、このアドレスをそのままコピペでOK

「https://github.com/brackets-userland/brackets-git」

 

Brackets Gitを入れる前にPCにGitを入れておく

MacはCommandLineをDLでオッケー(公式サイト参考)

 

Brackets Gitを入れる前に、使っているWindowsとMacにGitを入れる必要があります。

入ってないとエラーが出ます…(出ました)

 

Brackets GitのGitHubページにもアナウンスが出てるので、Gitのダウンロードがまだの方は、そちらを参考にDLしてください。

 

私は、Macからエラーが出たので支持されるままにCommandLineToolsをダウンロードしました。

 

CommandLineToolsのダウンロードは、Apple公式サイトのDeveloperページにApple IDとパスワードを入力すればできます。この辺りは、私でもスムーズにいったので大丈夫かなと…。

 

Bracketsの拡張機能の追加方法

Brackets起動→ファイル→拡張機能マネージャー→ZIPドラッグorURLコピペ

 

URLからインストールが一番簡単です。

 

Brackets GitのURLはこちら↓
https://github.com/brackets-userland/brackets-git

 

検索をかけてもいいですが、右端にある「インストール」ボタンが隠れてることがあるので、最初はちょっと戸惑うかも(私だけかもですが)

 

 

Brackets Gitインストール後は設定画面が表示

ショートカットの設定もできる

 

Brackets Gitのインストール後に設定画面が表示されます。

 

色々設定できるみたいなんですが…。よくわからなかったので、とりあえず初期設定のままにしました(涙)

 

(どなたか、この記事を読んだ玄人の方、コメントで教えていただけると嬉しいです…。
自分のレベルが上がったら設定できるようになるのかも?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設定は後から変更できます

 

あんまりにもわからなかったので、初期設定のままにしたんですが、わかるようになってから設定変更できます。

 

設定の変更は、『Brackets起動→ファイル→Git Settings』

 

上で紹介した画面がそのまま出てくるの設定変更してください。

 

 

私がこの機能を使いこなせるようになるのは、いつの日だろう…。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました